ネットカジノの専門情報サイト » アーカイブ

大金も狙えるワイルドジャングルカジノ

読了までの目安時間:約 3分

ネットカジノでは大金も狙えると言われていますが、
本当に払い戻ししているのだろうと疑いたくなる事があります。

しかし知名度の高いネットカジノサイト、
ワイルドジャングルカジノでは2007年から2013年までに
500億円もの払い戻しが発生しています。

中には1人で約1億2700万円もの大金を
一度に受け取ったプレイヤーも存在しているほどです。
バカラやルーレットなどのカジノゲームは勝率が5割です。

そう度々、高額払い戻しが出るわけではありませんが、
運と実力次第では勝ち組に入れるチャンスが大です。
ネットカジノを利用する上でネックになるのが運営側とソフトウェアの信頼性です。

運営側の信頼性が低いとせっかく勝った
資金を持ち逃げされたり、引き出したくても出金拒否されかねないです。
ソフトウェアの信頼性が低いとゲーム結果が運営側に都合のいいように操作されかねないです。
しかしワイルドジャングルカジノは厳正な審査を行っているキュラソー政府のライセンスを取得しています。
安心してお金を賭けてプレーできるネットカジノとして名前が知られています。

乱数生成機能の最新バージョンでは徹底的にテストを繰り返して、
ゲーム結果の公平性が保たれていると言う結果が出てから実運用されています。

ソフトウェアは世界的に信頼性の高さで知られている
プレイテック社のゲーミングプラットフォームなので、
裏でゲーム結果を変更することは不可能になっています。

プレイテック社のソフトウェアはグラフィックと
サウンドが秀逸なうえにゲームの種類が非常に多いです。
臨場感のあるゲームが自宅のパソコンで楽しむことが出来ます。

ノートパソコンの画面でも十分プレーは出来ますが、
出来るだけ大きな画面で楽しみたいところです。

ワイルドジャングルカジノは日本語対応、さらに24時間完全日本語サポート付です。
ネットカジノにありがちな入出金方法の難しさで困ってしまっても、
日本語で質問すれば日本語で分かりやすく説明してくれます。

ジブラルタル政府の認可を受けているユーログランドカジノ

読了までの目安時間:約 3分

ユーログランドカジノはビデオポーカーやスロット、
テーブルゲーム、アーケードゲームなどを揃えるオンラインカジノです。
ライブルーレットやライブブラックジャックなどでは美人ディーラーを
相手にカジノ合法国のカジノでプレーしているような雰囲気を体感できます。
日本に居ながら実際にお金を賭けてプレーできるのが魅力です。

ユーログランドカジノはイギリスの海外領土である
ジブラルタル政府の認可を受けている企業によって運営されています。
ロンドン証券市場に上場しているプレイテック社のソフトウェアを導入しています。

グラフィックの美しさやソフトウェアの信頼性や公平性に定評が
あるソフトウェアで多くのオンラインカジノで導入されています。
高性能RND(乱数発生器)によってディーラーであるコンピュータは100%ランダムで結果が出ます。
公正に払い戻しが行われるようにペイアウト率は毎月精査されています。

アカウントへの入金はクレジットカード、デビットカード、ネッテラー、
EntroPay、Click2Pay、Skrill、銀行振込みなどなどたくさんの方法があります。
クレジットカード、デビットカードはカード会社によってオンラインカジノへの
入金を拒否することがあります。

オンライン決済サービスのネッテラー口座を開設されておくと便利ですが、
ネッテラー口座への入金も事実上銀行振り込みです。
ネッテラーでは銀行振り込みのことを現地銀行からの入金と呼んでいます。

銀行振り込みは通常3営業日ほど掛かりますが、楽天銀行など
ネットバンクの口座を持っていると翌営業日には着金される事が多いです。
ネッテラーからオンラインカジノへの着金は即時に反映されます。

ユーログランドカジノではアカウントに$25から$299までの
初回入金で最高$300を貰える300%ボーナスが開催されています。

受け取ったボーナスを賭けて高額配当が狙えるのが魅力ですが、
入金額とボーナス額の12倍をゲームに賭けないと引き出すことが出来ないです

ギャンブルやネットカジノについての私見

読了までの目安時間:約 2分

ギャンブルといえば、競馬、競輪、ネットカジノ、パチンコ、マージャンでしょう。
お金のある人はFX,株、商品相場、不動産等でしょう。
ギャンブルで儲けた人は数少ないと思います。
私は金がそれほどなかったので、遊び程度でしたね。
オンラインカジノ
ギャンブルは凝れば、それなりに面白いです。
若いころネットカジノに凝った方は、歳をとってから、面白い人が多いですね。
少しは馬鹿をやってきたなりのうんちくがあります。
まじめ一方では人間に幅がありません。
家一軒程度はつぎ込んだなんてはざらにいます。
中には会社の金に手をつけた・・・なんていう人もいます。
私の会社でも、そのような人が何人も辞めていきました。
そこまでのめりこんではやりすぎですね。
それほど面白いものです。

私も若いころ、競馬をやっていました。勿論儲かりませんでした。
やったきっかけは、営業に回り、周りがが下町で、競馬が結構さかんでした。
お客さんと話を合わせるため、勉強しました。
一週間に2日です。
競馬の新聞やスポーツ新聞と赤ペンをもって、あうでもない、こうでもないと、仲間で研究しました。
ネットカジノを追いかけていると、1年が早く過ぎていきました。
金杯で始まり、有馬記念で終わりという1年でした。
ハイセイコウやグリーングラスとうの時代でした。

その後マージャンにも懲りました。
これもやっていれば、それなりに面白いものです。
今は余りはやっていませんね、街にマージャン屋さんが少なくなりました。

ネットカジノも趣味の範囲でやっていれば、それほどつぎ込むこともないでしょう。
せいぜい分をわきまえてやっていればよいのではないでしょうか。

最近の投稿
アーカイブ
タグ
アーカイブ
サイトマップ